バッテリーパン、Aピラー下部、おなじみの箇所がグサグサのタイプ1でした。エアソーとグラインダーを用いて、はがしていきます。
 


 
新たなフロアが乗っかるヘリに残った部分も、スクレバー等を用いて丁寧にはがしていきます。
 


 
 
新たなフロアの、見えなくなる部分に、先行してサビ止め(POR)を塗布します。今回もWW製のフロアを使用しました。

 
 


 
 
噂では聞いていましたが、末端精度が高く、​すっぽり取りつけできました。溶接する箇所をおおまかにハンマリングします。

 
 


 
精度もよかったので、今回はすみ肉溶接しました。
 


 
防水処理のウレタンシーラントです。
 


 
 
ジャッキポイントも、左右のバランスをみて溶接していきます。

 
 


 
 
最後に、フロア全体の防錆処理です。見えないところこそ綺麗に。こだわりのひとつでもあります。