長年雨水や泥の跳ね返りを受け続け、ちらほらと小穴が空いているフロアパンです。
 


 
  アンダーカバーが取りついていない左右のパンは、特に腐食が進んでいます。
 
 


 
 
この部分のみのパネルの扱いもあるので、状態やご予算に応じて作業することが可能です。今回は丸々一枚の交換です。

 
 


 
 
スポット溶接を丁寧にはがし、ようやく一枚取り去ることができました。サイドブレーキのピンも固着しており、なかなか泣かされました。

 
 


 
  今回はこちらのWW製フロアパンを使用していきます。突合せの確認です。この車両は 右前に突っ込んだ形成があり、Aピラーが変形していたのが、少し大変でした。
 
 


 
タイミングよくワコーさんがいらしたので、こちらを使ってみましたが・・これに関しては普通にウレタン顔料でよかったかな(汗
 


 
 
もろもろ処理を施したフロアパンを、突合せ&プラグ溶接にて取付していきます。

 
 


 
 
ところどころパテやシーラントを施して防水処理をしたあとは、室内を養生してボディと同色で塗っていきます。乾いたら一通りの作業は完了です。