こちらは、フロントアクスルの大幅なカスタムとなるため、車検非対応、もしくは構造変更が必となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。


 
まずは段ボールなどで模った模型を元にして、図面を起こします。実際、これが一番辛い作業です。
 


 
作業は、アジャスターの取付から入ります。きっちり採寸し、大きめのパイプカッターで切り込んでいきます。
 


 
アジャスターの位置を定めたら、溶接作業です。パイプの上下とも行いますが、極端に固定位置がずれないよう、注意します。
 


 
次に、ビーム両端を切断します。今回はこの部分を詰めてナローします。写真の様に、B/J仕様のビームは、アッパー側に補強用のブッシュを打ち込みます。先行して、アーム用のベークライトブッシュ挿入を忘れないようにします。
 


 
ショックタワー部を除く土台が出来上がりました。B/J仕様はロワー側のパイプ径が大きいので、外側からの補強になります。
 


 
ショックタワーベースを溶接します。
 


 
ショックタワー本体の溶接です。こちらはストックショック用です。
 


 
トーションバーのざぐり加工です。この位置がずれると、ナロー具合にも影響がでてしまいます。
 


 
ご要望に応じて、サンドブラスト処理いたします。砂まみれになる大仕事です。
 

10


 
サンドブラスト後、下地処理をし、ブラックでペイントしたら、ビーム本体の一通りの作業は完了です。
 

組み付け


 
 

組み付け


 
 

組み付け


 
 

組み付け