フロアパンと同時作業になったので写真がかぶりますが、フレームがむき出しになった状態です。
 


 
垂直方向ではなく、ギアボックスの取りついている方向にレイズドするので、角度を測り、ケガキを入れた後切断していきます。
 


 
​ギアボックス本体と、一度切り取ったフロアを仮置きし、干渉しないか確認します。
 


 
確認後、溶接作業に入ります。
 


 
各部を組付け、最終確認です。
 


 
すべての組付けが完了したら、防錆塗料を吹き付け終了です。